NO PERFECT

by Good Grief

supported by
/
  • Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

     ¥800 JPY  or more

     

1.
04:10
2.
3.
4.
04:02
5.
03:01

about

記念すべき1枚目のEP、NO PRFECTです。このタイトルには、誰もが完璧ではなく、おれらの周りには完璧でないほうがいいことがたくさんある、って意味があります。大人になっていくにつれ、みんなの小さくて傷一つない少年少女の心にひびが入って見捨てられてしまうときがあると思うけれど、前に進み続ければ痛みは忘れ去られ、後悔はいつか日々をともに抱き合って過ごすペットに姿を変えていく、そんなものだとおれは思います ヤスヒサ
This is our 1st E.P. called NO PERFECT. What we mean by the title is that everybody is not perfect, and many things around us are sometimes better being imperfect. As we grow up there are moments when your tiny, flawless heart of kid get cracked and abandoned, but if you keep moving on, pains will be buried in oblivion and regrets will turn into a perfect little pet for us to cuddle with and share through our days. Yastin

credits

released December 18, 2016

tags

license

all rights reserved

about

GOOD GRIEF Ibaraki Prefecture, Japan

トゥルーポップパンクin茨城ofJapan
Pop Punk From the Far East Island Japan

contact / help

Contact GOOD GRIEF

Streaming and
Download help

Track Name: Contempt
every time I try to be
a better man who tries living in faith
you don't take your eyes off
the flaws you stuck on me
I'm not a liar and
nor just a fool
nor just denying your words all painted in black and grey

the world goes on with you
with you it goes like shit
my weakness surely does the same you drop in every breath
I know you'd say "Don't care"
you've got no right to force it
words failed me and I'm your enemy

all I had was contempt
toward your kind
you on the point of no return
made me leave you for good
it seems
whatever I say
inevitably fucks you up
this is the end for everything
you'll never ever take it back

you feel so insecure
eating out your poor excuses
in the obesity I hope you'd put yourself to death
all fear is so in vain
in case you really lose it
words failed me and I'm your enemy

we're no perfect
but I can still be happy

信念に生きるよりよい人間を目指せばいつも
お前は俺に押し付けた欠陥ばかりを見て離さない
俺は嘘つきなんかじゃない、ただの馬鹿でもない
黒とグレーで描かれたお前の言葉をただ否定しているわけでもない
世界はお前とともに回っていく
クソみたいな話だ
俺の弱さもそれと同じってことは確かだろうけれど
「気にするな」なんて言うんだろ
そんなことを押し付ける権利なんてどこにもないんだ
言葉は無力で、お前は俺の敵

ただ軽蔑のみがあった
お前みたいなやつに対して
もう取り返しのつかないとこまで来ているお前は
俺を永遠に遠ざけてしまったよ
俺が口にすることすべてが避けようもなくお前を狂わせる
もう全部終わりなんだ
取り戻すことは絶対にできないよ

貧相な言い訳を食いつぶして随分と不安に感じているようだね
そのまま肥えて死に至ればいい
恐れていることすべては
いざ失ってしまえばなんの意味もない
言葉は無力で、お前は俺の敵

完璧じゃないとしても、俺はまだ幸せでいられるよ
Track Name: Seventeenth(Album Ver.)
take me back to seventeen
when you meant the world to me
feels like I am just a slave
the only way I perceive existence
is not the words in my head
the curse you left me on my lips

before you go
forget my name
how hard it hurts
when I face away
...but this misery could be all for nothing

and I feel sick
fed up with thinking
the love of you was real
the fucked up living here
didn't even notice
his heartache killed her

you moved forward
and left me on this cold
now I didn't even know you
what we had was wrecked and gone
I'm quite sure that it's such a shame to be seen trying to hold on

the curse you left me on my lips


17のころに帰してくれよ
君がおれのすべてだったころに
奴隷になったかのようだな
自分の存在を感じる方法は
この頭の中の言葉じゃなくて
君がおれの唇に残していった呪い

行ってしまう前に
俺の名前は忘れてくれ
そっぽを向くのがこれほどにつらいとは
でもこの惨めさも全く無意味なものだとしたら?

ある考えに嫌気がさして吐き気がする
君への愛が本物だったこと
このクソ野郎は自分の心の痛みで殺されていったのが彼女の方だったってことに気づきもしなかった

君は前に進んでいき
おれをこの寒さに置き去りにした
もう君のことはわかりもしないよ
おれらの間にあったものはもう寂れて無くなってしまった
しがみつこうとするところを見られるのはいかに恥ずかしいことか
おれは十分に知っている
Track Name: Look Into Yourself
feels like I'm peering off all of the stickers
remember they're caked on your face
it seems like what I thought was strangely clean is sometimes
rotten from the inside

they think that it's just not your business
they think that it's a guilt made when they smile
I'd rather be
I'm surely going to be happier
than who can't choose a fight or no concern

this is the start of a new life
this is the end of the same old shit
I can hear these birds just singing
you are all my favorite
but that's a lie

seems like we can't stop now until we hit the grave
it's only a matter of our time
for all the people you pay for
suggest that you're enrolled in plays we detest

I heard it all a thousand times
learn to look into yourself

hold it down

don't look at me in the eyes

you could trust me when I scream

シールを全部はがしてるような気持ちだ
お前らの顔にこびりついてるそれのことだよ
あまりに清潔に見えたものは
時々内側から腐っているみたいじゃないか

やつらはそれがお前には関係ないことだと思っている
やつらは笑うたびに罪を感じている
おれはむしろ、いや確実に
戦いをおっぱじめるか無関係を貫くかを選べないやつらなんかよりは幸せでいてやるんだ

これが新しい人生の始まりだ
クソみたいな繰り返しは終わらせて
鳥たちがさえずるのが聞こえてくるよ
みんな私のお気に入り、って
でもそれって嘘なんだろ?

どうやら今はまだやめられないみたいだな
墓に突っ込まれるまでは
お前らがその身を削って相手してるやつらのために
大嫌いなお遊びに付き合わされてることを言ってみろ

それはもう千回近く聞かされてんだよ
自分自身を見つめられるようになったらどうだ

実行しろ

目を合わせないでくれ

おれが叫んでる時くらい信用していいんじゃないか
Track Name: Stay Cool
tie it up around my neck and it feels like I'm in a 60's movie
trying to think that it's a phase but they've been through this a thousand times
does any of my choices remain on regrets?
I just get way too deep in your faces when I leave your room

you're right
it can't be true that being on my own
is a liberty but just silent struggle
getting so sick of the modern life running out
I know there's something more than catching up the last train

messing up around the cage of others' rage we're dying to open
find the words and keep at bay
that's all what we need to stay cool

put yourself into this mess
crawling up and spit these shits
if you carry the world on shoulders
that's all how to stay cool
it keeps on growing stale
this game of living fake
never let controversies come first ahead of what you feel

patiently waiting for the jouney to be set off

this one's for those who lost me for good
screw it up
do the same that you want from my fault
when any of my confession hits home
will I stop falling down?

それを首に巻いて、60年代の映画の中にいるような感覚に陥る
これも一時限り、って考えようとはしたけど彼らは千回近くこれをやってきているんだよな
選択の一つでも後悔が残っているだろうか?
部屋を出るときのお前らの顔ばかり気にしている

お前の言う通りだ
自分だけでやるってことは自由なんてもんじゃない
静かな苦闘だ
現代的な生活ってやつにうんざりしてきているよ
終電をつかむ以上にもっとすべきことがあるのは確かなんだ

他人の怒りの檻の周りを荒らしまわる
開けてしまったらどうなるかが見たくて仕方ないんだ
言葉を見つけて、遠くに追いやる
冷静でいるにはこれだけやればいい

この狂騒に突っ込め
這い上がってこのクソを吐き出せ
世界を肩に背負って進むなら
冷静でいるためにこれだけやればいい
どんどん失速していく
偽りの人生を生きるゲーム
論争に邪魔されてお前の感じたままのことを止めるんじゃないぞ

冒険の火蓋が切れるのをおとなしく待っているんだ

これはおれを失ったやつらのための歌
しくじって、おれの失敗から欲しいものをたかっていけ
この告白の一つでも届くならば
おれはこの落下を止められるんだろうか?
Track Name: Deadend
did you hate the way I always failed to hold you hand?
did you hate the way I couldn't dare to tell the truth?

it's been a year and two weeks since I messed up your plan
I'd rather feel okay
if you were near to blame me

two years ago
I guess that we had it all
and never thought that there would be a deadend
it's funny how we rushed into
I used to think you know me
now I wish you would forget me
don't try not to detest me
cause I know you won't be here

it took me a year
and two weeks to realize that you don't belong to my life

will it take me a year
another year to realize
I don't need you anymore?

おれがいつも手を繋ぎ損ねていたのは嫌だったかい
おれに事実を伝える勇気がなかったのは嫌だったかい

君の計画をめちゃくちゃにしてからもう1年と2週間が経った
近くにいて責めてくれたなら
まだ平気でいられるんだろうか

2年前
俺らはすべて満たされていた気がするんだ
そこに行き止まりがあるだなんて思いもしなかったよ
あんな風に駆け込んでいったのは面白いね
君はおれをわかってくれていると思っていた
今はただ忘れて欲しいよ
おれを憎まないように計らったりすることはないよ
君はここにはいないってよくわかってるから

1年と2週間がかかった
君がおれの人生にはいないってことに気づくまで

もう君がおれには必要ないってことに気づくまで
もう1年かかるのかな